メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

成長投資、税優遇を議論 大企業の余剰資金活用 未来会議

未来投資会議で発言する安倍晋三首相(手前)=首相官邸で2019年10月3日午後5時21分、川田雅浩撮影

 政府は3日、成長戦略を議論する「未来投資会議」(議長・安倍晋三首相)を開き、企業が社内にため込んだ資金を投資に振り向けるための方策について議論を開始した。大企業によるベンチャー企業向け投資を進めるための環境整備や、税制について検討を行い、年末に本格化する予算編成や税制改正論議に反映させる考えだ。

 日本企業が保有する現預金は2012年度の約190兆円から18年度には約240兆円と約26%増加。特に大企業で資金をため込む傾向が強く、利益を研究開発投資に振り向ける割合も右肩下がりとなっている。

 会議では、大企業とベンチャー企業のM&A(合併・買収)などを促すため、税制面の優遇措置を求める意見…

この記事は有料記事です。

残り628文字(全文925文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 国民民主の両院議員総会 津村副代表がツイッターで自爆し紛糾

  2. 首相が演説で地方創生の成功例として紹介した男性、島根県外に転居していた

  3. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  4. 全盲女性にCBCが謝罪と和解金 コンサートで不適切対応

  5. 「桜を見る会」廃棄されたはずの内閣府資料あった 2014~19年の招待者数も公表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです