メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

塚原直也のプラスワン

「東京」へ 問われる成果

 ドイツ・シュツットガルトで4日に開幕する体操世界選手権で、女子は東京五輪の団体総合の出場権獲得を目指す。よほどのことがない限り、予選12位以内に入って出場権をつかむと思うが、東京五輪につなげるためにも(上位8チームで争う)決勝に残りたい。

 故障で代表選考会を棄権したエースの村上茉愛(日体ク)の不在で、一人一人の責任がより重くなる。これまでより緊張する試合になるかもしれない。ただ、そういうことにとらわれずに自分の演技をし、いかに「0・1点」を拾っていくかが大切だ。

 寺本明日香(ミキハウス)は身体能力や芸術性に加え、ベテランになっても新たな技を増やせる情熱など体操…

この記事は有料記事です。

残り702文字(全文986文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  2. 「松本走り」「茨城ダッシュ」「伊予の早曲がり」…地域特有の危険運転に苦慮

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 桃山時代最高峰の仏師・宗印の仏像、大阪で見つかる

  5. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです