メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トレンド

基板でオシャレに 雑貨やスマホケース、大阪のメーカー開発

基板の技術を生かしたアイフォーンのケースやウエアラブル端末を開発する電子技販の北山寛樹社長=大阪府吹田市の同社で2019年8月26日、釣田祐喜撮影

 <週刊金曜経済 Kin-yo Keizai>

 多くの電子機器に搭載されている「基板」。さまざまな信号を伝えたり、電気を送ったりする板やフィルム状の基幹部品だが多くは内蔵され、人目に触れる機会が少ない。大阪府吹田市の基板メーカー「電子技販」は、基板の高いデザイン性を生かしたスマートフォンのケースやウエアラブル端末を開発し、ファン層を拡大している。【釣田祐喜】

 同社は、産業機器や医療機器に用いられる基板の開発や製造が主力。2代目の北山寛樹社長は緻密に計算・設…

この記事は有料記事です。

残り747文字(全文977文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮川花子さん、多発性骨髄腫を公表 「舞台に立って感謝の涙を流したい」

  2. どうすれば安全安心 「多発性骨髄腫」ネットで解説

  3. 疑問氷解 人間に育てられた犬や猫は、動物の言葉はわからないのですか?

  4. 池江選手「19歳になりました!」 誕生日にメッセージと写真掲載

  5. ORICON NEWS これ、許諾大丈夫? 宮川大助師匠が出演する異色のコラボ動画が話題、キレキレのパロディダンスも披露

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです