メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

あいちトリエンナーレ 野党「憲法審で現地調査を」 国民投票法審議見通せず

表現の不自由展中止を告知する扉や壁一面を埋め尽くす、来場者が書き込んだ紙=名古屋市東区の愛知芸術文化センターで2019年9月27日午後4時14分、山田泰生撮影

 衆参両院の憲法審査会は4日、審査会長と幹事をそれぞれ選任した。与党側は臨時国会で国民投票法改正案の成立を目指しているが、野党側はテレビCM規制に加え、愛知県で開催中の国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の企画展「表現の不自由展・その後」が中止となった問題を取り上げるよう求めている。国民投票法改正案の審議の進展は見通…

この記事は有料記事です。

残り244文字(全文406文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で少年を緊急逮捕

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 眞子さま、佳子さまは… 配偶者や子どもも皇族?女性宮家

  3. 青森・八戸で女児が見知らぬ男に首切られる 防犯カメラに男の姿

  4. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で14歳少年を逮捕 「殺すつもりだった」供述

  5. 日本は本当に安全な国か 犯罪は少ないのに治安の悪化を体感する理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです