メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衆院選共闘の試金石 立憲や国民の統一会派が初の国会 共産やれいわとも連携

国会議事堂=東京都千代田区で2019年5月1日、川田雅浩撮影

 安倍晋三首相は4日の所信表明演説で、憲法改正の議論を促進するよう与野党議員に呼び掛けた。首相の自民党総裁任期満了まで残り2年を切った。今国会で改憲発議の前提となる国民投票法改正案を成立させられるかが、任期中の改憲実現を左右する。立憲民主、国民民主両党などは統一会派の結成後、初の国会論戦となる。日米貿易協定の批判などで政権を追及する構えだが、野党の足並みがそろうかが問われる。

 立憲民主党や国民民主党などは統一会派を結成して、初めての国会論戦に臨む。共産党やれいわ新選組とも連…

この記事は有料記事です。

残り917文字(全文1156文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 「桜を見る会」安倍首相の説明に疑問の声 領収書、何が問題か?

  3. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  4. 石破氏「幕引きにならない」 桜を見る会巡り、首相に記者会見求める

  5. 大阪桐蔭が優勝 8大会連続14回目 高校ラグビー大阪大会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです