米9月雇用統計13・6万人増 失業率3・5% 50年ぶり低水準

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 米労働省が4日発表した9月の雇用統計(速報値)によると、景気動向を敏感に映す非農業部門の就業者数は、季節調整済みで前月比13万6000人増となり、8月(16万8000人増)から減速した。失業率は3・5%に低下し、1969年12月以来、約50年ぶりの低水準となった。

 雇用の伸びは2カ月ぶりに鈍化し、市場の…

この記事は有料記事です。

残り171文字(全文324文字)

あわせて読みたい

ニュース特集