メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バレエ・岩田守弘さん 伝統と革新、新たな舞台へ ロシア中部で芸術監督初公演

 ロシアで活動するバレエ指導者兼ダンサーの岩田守弘さん(48)は、新たな所属先となるニジニノブゴロド国立歌劇場(ロシア中部)バレエ団の芸術監督として始動した。9月25日には初公演の演出を手がけ、ダンサーとしても舞台に立った。年明けにはロシアに拠点を置いてから30年の節目を迎える。

 今回は芸術監督として二つ目のバレエ団となる。今年6月までは東シベリアにあるブリャート共和国立歌劇場で、7年間にわたり芸術監督を務めた。新たな劇場は1935年に創建し、9月に85年目のシーズンが始まったばかり。バレエ団は長い歴史を誇るが、「バレエ王国」と言われるロシア全体で照らし合わせると、誰もが知っているような存在ではない。それでも岩田さんは「いいダンサーが何人もいる。大切に育てれば、素晴らしいダンサーになれるかもしれない」と期待を抱く。

 初公演では、ロシアで活動する日本人音楽家、松田華音(かのん)さん(23)ら2人のピアニストが、12…

この記事は有料記事です。

残り996文字(全文1408文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 編集部のよびかけ れいわが主張「消費税廃止」の賛否は

  2. 台風上陸翌日、自転車飲酒運転で警察から聴取→報告せず豪州出張 埼玉県の部長更迭

  3. 天皇陛下、宮中三殿に拝礼 即位の礼を行うことを祖先に報告

  4. 仕込み直前、濁流が酒米襲う 台風19号で被災の酒蔵、復旧進める 栃木

  5. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです