メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

川に消毒液、魚が大量死 トーヨータイヤ仙台工場から流出

死んだ魚を回収するトーヨータイヤの従業員たち=岩沼市の五間堀川で2019年10月3日午後2時ごろ、吉田勝撮影

[PR]

 国土交通省仙台河川国道事務所や県などでつくる阿武隈川水系水質汚濁対策連絡協議会は3日、宮城県岩沼市の阿武隈川支流「五間堀川」に、「TOYO TIRE(トーヨータイヤ)仙台工場」から消毒に使用する次亜塩素酸ソーダ約250リットルが流出し、魚が大量死したと発表した。同工場は2日午後6時ごろ流出元を閉鎖した。

 仙台河川国道事務所によると、2日午後3時半ごろ、住民から岩沼中学校付近の五間堀川で川魚が大量に死んでいると岩沼市役所に通報があった。同市から連絡を受けた県が水質調査などをしたところ、同工場からの次亜塩素酸ソーダ流出が原因だと判明した。

 同社によると、次亜塩素酸ソーダはタイヤ製造工程で使う冷却水を滅菌処理するために使用。通常は希釈して近くの五間堀川に流しているという。しかし、今回は何らかの原因で高い濃度で流出したとしている。

 同工場は3日朝から、次亜塩素酸ソーダの排出口付近から下流約1・2キロにわたり、従業員約50人が五間堀川で死んだコイやフナ、ハゼなどの回収作業をした。

 魚の大量死を発見し、岩沼市に通報したという住民の安藤清一さん(65)は「発見した当時、多くの魚が浮いたり、もがいたりしていて驚いた。この辺では子どもたちが釣りをするので、もし口に入ったりしたら大変だと思い連絡した」と話した。近くの主婦も「工場のミスで生態系が崩れてしまい大変残念だ。二度と繰り返さないでほしい」と訴えた。

 トーヨータイヤは「多大なるご心配とご迷惑をおかけし、心よりおわび申し上げます。今後、原因究明を急ぐとともに再発防止を徹底してまいります」とのコメントを発表した。【吉田勝】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  2. チュート徳井さん設立の会社、1億2000万円申告漏れ 東京国税局が指摘

  3. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  4. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

  5. 28年ぶり クロネコとシロネコを一新 ヤマトHD100周年で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです