「無理やり激辛カレー」「卑わい書き込み強要」小学校教員、同僚からいじめ 神戸

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
神戸市役所=渡辺暢撮影
神戸市役所=渡辺暢撮影

 神戸市須磨区の市立東須磨小学校の20代の男性教諭が昨年以降、同僚の教諭4人から暴行や暴言などのいじめ行為を繰り返し受けていたことが、市教育委員会への取材で明らかになった。男性教諭は、激辛カレーを無理やり食べさせられたり、無料通信アプリ「LINE(ライン)」で女性に卑わいなメッセージを送らせられたりしたと訴え、精神的な不調で9月から休んでいるという。市教委は関係者の処分を検討している。

 市教委教職員課によると、昨年以降、30~40代の男性教諭3人と女性教諭1人が、後輩の男性教諭に対し「カス」「クズ」などと暴言を吐き、被害者の車を傷つけた。勝手にスマートフォンをロックし、ラインで別の女性教諭らに卑わいなメッセージを送らせることもあった。市教委によると男性教諭は「羽交い締めにされて激辛カレーを食べさせられた」とも訴えているという。

この記事は有料記事です。

残り218文字(全文586文字)

あわせて読みたい

注目の特集