メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クビアカツヤカミキリの被害 奈良で初確認 外来生物・桜の名所で警戒

クビアカツヤカミキリ=奈良県提供

 桜や桃などバラ科樹木を食い荒らす特定外来生物「クビアカツヤカミキリ」による樹木の被害が今夏、奈良県内で初めて確認された。繁殖力が強く、拡散防止には初期防除の徹底が重要。桜の名所など県内の観光地も危機感を募らせる中、県や市町村は被害を抑えるため住民からの情報提供を呼び掛けている。

 県景観・自然環境課によると、今年6月に県内で初めて広陵町の民家で成虫2匹が確認されたが、周辺1キロ圏内で被害を受けたと断定できる樹木は見つからなかったという。7月には香芝市の民家で住民が成虫1匹を発見し、県に写真を提供。8月には中和地域の桃の生産園で成虫1匹と被害を受けた桃の木1本が確認された。9月にも生駒市の団地で、桜の被害木2本が見つかったという。

 クビアカツヤカミキリは5月末~8月に木の幹の割れ目などに産卵し、ふ化した幼虫は木の内部を食い荒らし…

この記事は有料記事です。

残り844文字(全文1212文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  2. ORICON NEWS 俳優・滝口幸広さん死去 34歳 共演者“仲間”たちが続々追悼「早すぎるって」

  3. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  4. 政治 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  5. 途上国の問題を体験・共感して 「すごく恥ずかしい」シースルートイレが登場

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです