メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

グランプリはペット系サービスSNS「パルノビ」 毎日みらい創造ラボ、成果報告会

「毎日みらい創造ラボ」第4期シードアクセラレーションプログラムでグランプリを獲得し、フューチャー社、銀座テーラーグループから副賞を授与される「パルノビ」の遠藤玲希央CEO(右から2人目)=東京都千代田区で

[PR]

 毎日新聞社などが設立する「毎日みらい創造ラボ」は4日、第4期の起業家支援(シードアクセラレーション)プログラムを受講した5チームよる成果報告会「デモデー」を東京都内で開いた。グランプリには、写真で探せるペット系サービスの口コミSNSを運用する「パルノビ」が輝いた。遠藤玲希央CEO(最高経営責任者)は、「未熟な会社だが、将来成長できる最初の一歩になったと思う」と喜びを語った。

「毎日みらい創造ラボ」第4期シードアクセラレーションプログラムで特別賞「アガルート賞」を受賞した精密林業計測の竹中悠輝社長(左)=東京都千代田区で2019年10月4日

 新事業アイデアを披露したのはパルノビと▽アイファー(モンゴル大草原での遊牧民体験型旅行の提供)▽耳勉(脳の特性を生かした暗記がしやすくなる音声教材の提供)▽ハックシー(独自の「キッチン学」を活用した出張料理教室)▽ワンダラス(不動産競売データを活用した住宅担保評価AIサービス)――の5チーム。

 5チームは6月から3カ月超にわたり起業家らから助言を受けながら事業アイデアを磨いてきた。グランプリのパルノビには「フューチャー」社からの賞金に加えて、「銀座テーラーグループ」より高級スーツの仕立券が贈られた。

「毎日みらい創造ラボ」第4期シードアクセラレーションプログラムの採択5チーム(中央がグランプリ獲得の「パルノビ」遠藤玲希央CEO)=東京都千代田区で2019年10月4日

 デモデーでは第4期5チームのほかに、第3期からの3チーム、韓国ベンチャーなど4チームもゲストプレゼンテーションを実施。全12チームを対象とした特別賞(アガルート賞)には、ドローンやレーザー計測技術を活用して広範囲の森林資源調査をする「精密林業計測」が選ばれた。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「夢のようなディズニー特別ツアー」詐欺相次ぐ 被害者が信じ込んだ、その手口

  2. 「このままでは皇室消滅」「女性皇族の議論なさ過ぎ」 専門家4氏が口にした危機感

  3. イラン核科学者暗殺 開発計画で中心的役割 実行犯不明

  4. 身内にも「自助」要求? 菅氏方針にざわつく党内 連続比例復活で「重複」禁止

  5. 学術会議「国の機関から切り離し」 井上担当相の提案が波紋

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです