メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「猫の島」で謎の急減 80代男性を刑事告発 動物愛護法違反容疑など

港近くに集まった猫。以前と比べ、姿はまばらだ=北九州市小倉北区の馬島で2019年7月9日午前11時4分、津島史人撮影

 「猫の島」として知られる北九州市小倉北区の離島・馬島(うましま)の猫が急減している問題で、動物の虐待防止に取り組む福岡市の特定NPO法人「SCAT(スキャット)」は4日、農薬付きの餌をまいて猫などを殺したとして同区の80代男性を動物愛護法違反と鳥獣保護法違反の疑いで福岡県警小倉北署に刑事告発し、受理された。

 告発状などによると、男性は島で長年にわたり毒餌を使い、猫やカラスを殺傷したとしている。市内で記者会見したスキャットによると、青い薬品のようなものが付いた魚の切り身を男性が置いていたとする島民の証言や、男性自身の話から告発に踏み切った。

この記事は有料記事です。

残り244文字(全文517文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  2. 香港ディズニーランド、15日から再び休業へ 新型コロナの感染再拡大で

  3. 米女優、ケリー・プレストンさん死去 ジョン・トラボルタさんの妻

  4. 濃厚接触者は850人 感染判明27人の新宿の舞台 観客に保健所などへ連絡呼びかけ

  5. 「わー、よかった」明るい娘に“嫌な予感” 「キッズライン」性被害 母が証言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです