メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

弥栄会館に帝国ホテル開業へ 2022年春 祇園に初の本格高級ホテル

帝国ホテルに貸与され、ホテルに改修されることになった弥栄会館=京都市東山区で2019年10月3日午前11時33分、菅沼舞撮影

 京都市東山区の祇園にある弥栄(やさか)会館(国登録有形文化財)に2022年春にも、帝国ホテル(東京都)が開業することになった。同会館を所有する学校法人「八坂女紅場(やさかにょこうば)学園」(同区)から賃借し、耐震工事を施した上でホテルに改装する。国内外の観光客に人気の祇園に本格的な高級ホテルが進出するのは初めてとなる。

 帝国ホテルと同学園がホテル開業に向けた基本合意をした。近く発表する予定。弥栄会館は1936年に建設され、地上5階地下1階建ての鉄筋コンクリート造り。観光客が伝統技芸を鑑賞できる「ギオンコーナー」や祇園甲部歌舞会などが入る。01年に国登録有形文化財となったが、耐震補強が必要とされていた。

この記事は有料記事です。

残り191文字(全文496文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「坊主かどうかは関係ないということ証明したい」愛媛・済美が“脱丸刈り”

  2. 残業176時間「ごめん、辛抱できん」 近大職員が自殺 労災認定求め国提訴

  3. 都内でも「うがい薬は売り切れ」の張り紙 一夜にして店頭から消えた 「吉村知事会見」を考える

  4. 大阪で新たに196人感染 過去3番目の多さ 障害者施設でクラスターか

  5. 全国で新たに1356人感染 1日1000人超は2日連続 計4万3465人に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです