メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラグビーW杯+

なぜラグビーボールは楕円球なのか?背景に夫婦の悲劇

50年前に使用されていたとされる革製のラグビーボール。現在はゴム製が主流=東京都港区で2019年10月3日午前11時半、村上正撮影

 日本が開幕2連勝を飾り、盛り上がりを見せるラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会。強化が進んだとはいえ、世界ランキング2位(当時)のアイルランドを破ってしまうとは、どれだけの人が予想していただろう。番狂わせのドラマを作る要素の一つが、想定外の方向に弾むボールだ。では、なぜボールは楕円(だえん)なのか。独特の形が生まれた背景には、イングランドのある夫婦の悲劇とその後の努力があった。【村上正/統合デジタル取材センター】

 ラグビーの起源は、イングランドのパブリックスクール・ラグビー校で、フットボールの試合中、少年がボールを抱えたまま突然、相手のゴールに向かって走り出した……とされる。ここまではよく知られた話。では、なぜ丸いはずのボールが楕円球に変わっていったのかは、誰もが知りたい謎だ。「投げやすく、持ちやすい形だから」「弾み方が複雑で面白いから」などいろいろ考えられるが、日本ラグビー協会の広報担当者は「豚のぼうこ…

この記事は有料記事です。

残り1282文字(全文1693文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中国軍機、台湾識別圏進入 異例の28機 米、圧力停止を要請

  2. インド農民、デモ2カ月 自由化反対、打開策見えず

  3. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  4. 野田聖子氏、岐阜県連会長辞任を表明 保守分裂の知事選、「父と娘」の代理戦争

  5. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです