メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読む写真

Photo 自分たちの手で

台風15号で骨組みがゆがんだビニールハウスを解体する青木良平さん=千葉県南房総市で2019年10月1日、玉城達郎撮影

 千葉県を中心に大きな被害をもたらした台風15号の上陸から9日で1カ月。温暖な気候を生かした花卉(かき)栽培が盛んな同県南房総市で園芸植物を生産、販売してきた「青木園芸」の2代目、青木良平さん(42)がつぶやいた。「いつまでも被災者でいるわけには、いかないんだよ」。ボランティアらの助けを借りながら暴風で骨組みがぐにゃりと曲がったビニールハウスの解体を進めた。

 結婚式やお祝い事で使われる添え花「ホワイトレースフラワー」を栽培するビニールハウスの半数の11棟が…

この記事は有料記事です。

残り341文字(全文571文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位礼正殿の儀 安倍晋三首相の寿詞全文

  2. 「お母さん、大丈夫?」呼び掛けに返事なく 次女、階下の100歳救えず 福島・いわき

  3. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  4. 40代後半「就職氷河期」支援なぜダメなの? 非正規、若年層より多いのに

  5. 皇室 天皇陛下「象徴としてのつとめを果たす」 2000人参列し「即位礼正殿の儀」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです