メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

eye

見つめ続ける・大震災 祭りの音、天国に届け 岩手、大槌・山田・鵜住居

仮設店舗を訪れた虎舞を見つめる小川勝子さん(右奧)。「過ぎてみると早いが、長い8年だった。新しい店に移って初めて私たちの復興は始まります」=大槌町で2019年9月20日、和田大典撮影

 ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会が開幕した9月20日夜、岩手県大槌町の仮設商店街「大槌北小 福幸(ふっこう)きらり商店街」にある「七福食堂」で、日本代表の開幕戦を伝えるテレビの音がかき消されるほど勇壮なかけ声や太鼓の音が響き渡った。

 この夜、大槌稲荷神社例大祭の宵宮があり、虎舞(とらまい)など郷土芸能を受け継ぐ団体が街中を練り歩いた。

 七福食堂は東日本大震災の津波で亡くなった阿部やす子さん(当時63歳)が営んでいた。常連客が親しんだ…

この記事は有料記事です。

残り691文字(全文914文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 立憲、ジャパンライフ会長と首相「35年来の知人だった可能性」指摘

  2. 岐阜・中3転落死「主因は前日のいじめ」 トイレで便器に頭入れる姿勢とらせる 第三者委が認定

  3. 準強制わいせつ容疑 エヴァ制作「ガイナックス」社長を逮捕 警視庁

  4. 大阪・梅田の地下街に日本酒が出る蛇口、おちょこ1杯200円 新潟のアンテナショップ

  5. 神戸市立小教諭いじめ「連帯責任」 小中高校長ら320人ボーナス増額見送り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです