メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

楽庫・ライブ

ラーキンポー 瞬間を捉えロックを生む

 <楽庫(らっこ)>

 米国ジョージア州出身のミーガンとレベッカ・ロベル姉妹による「ラーキンポー」。エルビス・コステロとの初来日から3年。今回は単独公演。約90分、サンハウスやスキップ・ジェイムス、ロバート・ジョンソンらのデルタブルースのカバーを含む全19曲を熱演。途中レベッカがバンジョーを手にするもコステロのときのようなアコースティックセットはなく、ドラムとベースで重いビートをたたき出すバンドサウンド。中高年中心の客席を押し倒すほどのエネルギーで圧倒する。

 「わたしたちが育った町にはたくさんの音楽があって……」とレベッカが話していた。彼女はギター、バンジ…

この記事は有料記事です。

残り382文字(全文662文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 編集部のよびかけ れいわが主張「消費税廃止」の賛否は

  2. 台風上陸翌日、自転車飲酒運転で警察から聴取→報告せず豪州出張 埼玉県の部長更迭

  3. 天皇陛下、宮中三殿に拝礼 即位の礼を行うことを祖先に報告

  4. 仕込み直前、濁流が酒米襲う 台風19号で被災の酒蔵、復旧進める 栃木

  5. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです