メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと首都圏・くつろぎの宿

福住楼/中 洪水、震災を乗り越え 福呼ぶコウモリの意匠 /東京

女将の良子さん(右)と仲居の桜木千晴さん。間にあるのが木彫りのコウモリ=神奈川県箱根町塔之澤の福住楼で

 ◆福住楼 神奈川県箱根町塔之澤74

 かつて旅館は2度の惨禍に見舞われながらも再起した。建物ごと流された1910(明治43)年の大洪水と、23(大正12)年の関東大震災である。4代目の澤村恭正社長(78)が言う。

 「大震災の修理には3カ月かかりました。その間に祖父は和の意匠を取り入れたのです」

 館内にさまざまな木彫りの装飾を施したのは2代目の正吉さん(故人)だという。その一つに旅館のシンボルでもある「コウモリ」の装飾がある。コウモリの中国語の発音が「五福(イーフー)」に似ていることから、長寿など五つの福を呼び込むと考えられる縁起ものだ。

 装飾とともに、客室の格式も高い。真書(楷書)、行書、草書――。書には書体があるが、建築の格式として…

この記事は有料記事です。

残り467文字(全文788文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 「悔しくて仕方ない」「一緒に仕事、人生の宝」中村哲さん銃撃死 今も慕う人びと

  3. 中村哲医師殺害 政府、襲撃情報を把握 中村医師も警戒 アフガン

  4. 「憲法9条なくては日本でない」 「豊かさの考え変えないと」 中村哲さんの言葉

  5. 中村哲さん、上皇ご夫妻と交流 今年3月にも懇談

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです