メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大嘗祭に献上、奉納米抜き穂式 瑞浪・大湫の水田 /岐阜

「大嘗祭」に納める米を刈り取った安田次美・大湫機械化営農組合代表理事組合長(左)ら=岐阜県瑞浪市大湫町で

 天皇陛下の即位に伴う11月の皇室行事「大嘗(だいじょう)祭」で神殿に供える米が4日、瑞浪市大湫町の水田で収穫された。大嘗祭の中心的儀式「大嘗宮(だいじょうきゅう)の儀」は11月14、15日に予定される。

 大嘗祭では、栃木県と京都府で収穫された米が使われるが、各都道府県からも米が納められる。県内からは、農事組合法人・大湫機械化営農組合(9会員)が育…

この記事は有料記事です。

残り263文字(全文438文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」来年度は中止 官房長官が発表

  2. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  3. 粗悪ホイール販売容疑 カー用品大手「オートウェイ」社長ら3人逮捕

  4. ヤフーとLINE経営統合へ 月内にも基本合意目指し、最終調整

  5. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです