メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中村文則さん=木葉健二撮影

 日米貿易交渉で、さまざまな専門家が日本が押し切られたと述べる中、首相は「ウィンウィン」と言い、官房長官は「十分納得のいく合意」と述べた。千葉県の台風被害での国の対応でも、「迅速かつ適切」という言葉が使われた。内閣改造などをしていたが。

 こういう風景を、よく見るようになって久しい。貿易交渉は、本当にウィンウィンだったように報道するものもあった。

 そこではアメリカ産牛肉が「ぐーんと安くなる」とあった。日本の農家、畜産農家については、価格競争は厳しくなると触れたものの「品質の向上とかブランディングとか、そういうところで戦えるんじゃないか」と述べていた。すごいな、と思った。報道が政権にひれ伏しながら、フォローする姿は青少年にはとても見せられない。

この記事は有料記事です。

残り1346文字(全文1670文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. NYの看護師が死亡 防護服不足でごみ袋着用 新型コロナ

  2. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  3. 増える経路不明「ぎりぎりの状況」 東京では感染者の半数以上 新型コロナ

  4. 飼い主から猫に新型コロナ感染 ベルギー 香港では犬の感染例

  5. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです