周航の歌資料館「現在地で存続」 京大OBが陳情 高島 /滋賀

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
琵琶湖周航の歌について心情を墨書した「表白」を読み上げる増田さん=高島市役所で、塚原和俊撮影
琵琶湖周航の歌について心情を墨書した「表白」を読み上げる増田さん=高島市役所で、塚原和俊撮影

 琵琶湖周航の歌が生まれた高島市にある「琵琶湖周航の歌資料館」の「機能移転」計画を巡り、周航の歌にかかわりの深い京都大の元ヨット部員、増田哲將(のりまさ)さん(82)=長野市=が4日、「現在地での存続が望ましく、市民の意見を聞いて話し合ってほしい」と市に200人分の署名を提出し、陳情した。

 増田さんは歌を作詞した小口太郎の出身地…

この記事は有料記事です。

残り185文字(全文350文字)

あわせて読みたい

ニュース特集