メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

廃校「河内小」新拠点に 卒業生らマルシェ開催 自転車レースも盛況 三豊 /香川

「にぎわいを取り戻したい」と語る白川義樹さん=三豊市山本町河内の河内小学校で、山口桂子撮影

 廃校を活用し、地域のにぎわい作りの拠点として活動している「株式会社 河内小学校」(三豊市山本町河内)は、代表の白川義樹さん(58)ら卒業生が中心となり、幼児向けの自転車レースや、地域の飲食店が出店するマルシェを開催している。地域の老若男女が集う新たな場所として生まれ変わった。【山口桂子】

 河内小学校は1872年に分教場として始まり、2016年3月、周辺4地区の小学校との統合に伴い閉校した。白川さんが同級生ら3人と「子供の声でにぎわう拠点にしたい」と、廃校を活用する事業者を募集した市に応募し、採用された。17年に同社を設立。現在は卒業生以…

この記事は有料記事です。

残り410文字(全文682文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  3. 落語家の桂文枝さん 67歳妻と99歳母が死去 今月下旬に相次ぎ

  4. 菅首相「最終的には生活保護」 新型コロナでの困窮者支援で持論、野党から批判

  5. 関西空港が「シャッター通り」 インバウンド消失でも、「V字回復」待つしか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです