メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フィリピン、東ティモール 宇佐で「楽しい農業プロジェクト」 安心院高交流、3校と発表会 /大分

 「楽しい農業プロジェクト」の発表会が宇佐市の安心院文化会館であり、同市の県立安心院高校のほか、フィリピンと東ティモールの3高校が取り組みを発表した。

 同プロジェクトは、トヨタ財団の助成を受けた総合地球環境学研究所(京都市)が2017年から進めた。演劇ワークショップでアジアの農村をつなぐ試みで、安心院高には昨年声が掛かり、演劇部と放送部が取り組むことになった。

 ブドウ農家や養豚などについて取材。生徒3人が今年3月に東ティモールを、7月にフィリピンを訪問、現地の高校で劇を見せてもらうなど交流を進めた。演劇部は2月に一度上演した作品を9月に放送部と練り直し、海外で学んだ事も取り入れて主人公がバイオベッドによる豚の放牧を考える「マイ・ブー」に仕上げた。放送部は6月、テレビドキュメントを製作した。

この記事は有料記事です。

残り170文字(全文519文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女湯侵入容疑で広島県職員を逮捕 化粧し女性用かつら着用

  2. 自民岸田氏「更なる経済対策が必要」 3次補正審議中、異例の言及

  3. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  4. 「重症者、死者がさらに増える」 研究者が警告する「危うい状況」と必要なリセット

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです