メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

送配電3幹部に金品 関電受領、調査対象外も

 関西電力の幹部ら20人が、原発がある福井県高浜町の森山栄治元助役(故人)から金品を受け取っていた問題で、家庭や企業へ電気を供給する部門「送配電カンパニー」の当時の幹部3人が森山氏から金品計250万円相当を受領していたことが明らかになった。3人は関電が昨年9月にまとめた調査報告書の対象外だった。

 関電などによると、3人は同カンパニーの「電力システム技術センター」(大阪市)で2012~15年に所長だった福田隆常務執行役員と、副所長だった2人。福田氏が商品券130万円分とスーツ仕立券、他の2人は商品券計120万円分を受領した。福田氏は10万円分、別の1人は30万円分を未返却だった。

 報告書は11~18年に森山氏と接点がありうる立場にいた幹部ら26人が調査対象。20人が計約3億1845万円相当の金品を森山氏や建設業者から受け取っていた。受領した幹部らが高浜原発に関する工事の概要を森山氏に事前に伝えたことや、森山氏が手数料を受け取った建設会社「吉田開発」(高浜町)の関電からの工事受注額が急増したことが明らかになっている。

この記事は有料記事です。

残り274文字(全文737文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・北区の2店舗でクラスター、18人感染 ナイトクラブは店名公表拒否

  2. 岐阜の温泉旅館が倒産 感染者宿泊でキャンセル相次ぐ 新型コロナ

  3. 石川県知事、外出自粛の東京都民に観光アピール 地元は困惑

  4. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  5. 「看護師病欠多く、おかしい…」 多数感染・台東区の病院職員が感じた異変

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです