メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自公連立20年

改憲、幅広い理解必要 公明・山口那津男代表(67)

自民党との連立について語る山口那津男公明党代表=東京都千代田区の参院議員会館で2019年10月2日、藤井太郎撮影

 ――2009年衆院選で自公政権が敗北して下野した直後に代表に就任されました。

 ◆「風雪を耐えた」とよく語られるが、野党を共に経験したことが今に生きている。自公は痛みを味わった。第2次安倍内閣以降はそれを肝に銘じて、政権運営に努めている。

 ――安倍政権が進めた集団的自衛権の行使容認と安全保障関連法は公明にとって試練となりました。

 ◆連立政権合意には安全保障関連法の言葉すら出てこない。にわかに出てきた課題は、冷静に受け止めながら…

この記事は有料記事です。

残り917文字(全文1132文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  2. 「桜を見る会、20年開催中止」安倍首相が説明の意思 衆参予算委で

  3. 「桜を見る会、気にくわない」安倍首相写るポスター損壊容疑 80歳男逮捕 兵庫

  4. 月夜に浮かぶ「青い池」 幻想的な光景に感嘆 北海道・美瑛

  5. 実は飲食物が予算案の3.5倍だった「桜を見る会」の「国会軽視」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです