メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

時の在りか

安倍首相が平壌へ飛ぶ日=伊藤智永

国際テロ情報集約室・国際テロ情報収集ユニット発足式で訓示を述べる菅義偉官房長官(中央)=首相官邸で2015年12月8日午後2時2分、喜屋武真之介撮影

 公安警察の超エリートで、スパイ組織(内閣情報調査室)の親玉(内閣情報官)を7年8カ月余り務め、安倍晋三首相に最も頻繁に面会する官僚として有名な北村滋氏が、外交・防衛の枢機を担う国家安全保障局長に抜てきされ、困惑が広がっている。

 「外交・安保分野での手腕は未知数で、異例の起用」「首相個人の政治的実績づくりや選挙対策、世論の受け狙い」(朝日新聞9月17日付社説)を心配する見方だ。同紙は検証記事で「外務省と足並みそろわず/政府内に懸念」(9月23日付朝刊)と報じた。

 面妖なゴシップも飛び出した。あろうことか北村氏が男3人に尾行され、自宅前で張り込まれたため自ら警察…

この記事は有料記事です。

残り1716文字(全文1999文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  3. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  4. 天皇陛下即位を祝う献上品に文化庁長官制作の「シュプリンゲン」

  5. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです