メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

時の在りか

安倍首相が平壌へ飛ぶ日=伊藤智永

国際テロ情報集約室・国際テロ情報収集ユニット発足式で訓示を述べる菅義偉官房長官(中央)=首相官邸で2015年12月8日午後2時2分、喜屋武真之介撮影

 公安警察の超エリートで、スパイ組織(内閣情報調査室)の親玉(内閣情報官)を7年8カ月余り務め、安倍晋三首相に最も頻繁に面会する官僚として有名な北村滋氏が、外交・防衛の枢機を担う国家安全保障局長に抜てきされ、困惑が広がっている。

 「外交・安保分野での手腕は未知数で、異例の起用」「首相個人の政治的実績づくりや選挙対策、世論の受け狙い」(朝日新聞9月17日付社説)を心配する見方だ。同紙は検証記事で「外務省と足並みそろわず/政府内に懸念」(9月23日付朝刊)と報じた。

 面妖なゴシップも飛び出した。あろうことか北村氏が男3人に尾行され、自宅前で張り込まれたため自ら警察…

この記事は有料記事です。

残り1716文字(全文1999文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  2. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. ラグビーW杯観戦後、酔って警備員の顔殴った容疑 電通新聞局長を逮捕 容疑を否認

  5. 即位の儀の恩赦60万人規模に 対象限定「復権」のみ実施

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです