メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

最初の職業は「音楽」だった

 「村上春樹は音楽のプロである」。こう言うと村上ファンには何を今さら、とあきれられそうだ。でも、この作家の近況を紹介するコラムの初めに書くのは、昨年から村上さんがラジオ番組でディスクジョッキーを務め、音楽への愛と知識を全開で披露しているからだ。今年6月には公開録音イベントも開いた。

 知られているように、村上さんは大学在学中の1974年に東京・国分寺でジャズ喫茶「ピーター・キャット」を始め(のち千駄ケ谷に移転)、翌年の卒業後も専業作家となる81年まで続けた。小説には、ジャズやロック、クラシックの曲名などが頻出する。

 エッセー「意味がなければスイングはない」(2005年)のあとがきでは、10代を振り返って、こう書い…

この記事は有料記事です。

残り398文字(全文707文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 優香さんが妊娠を発表 夫は青木崇高さん

  2. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

  3. 卓球の水谷選手への恐喝未遂容疑で駒大生2人と少女を逮捕

  4. ORICON NEWS 川栄李奈が第1子出産を報告「毎日に幸せを感じております」 廣瀬智紀パパに!

  5. ORICON NEWS 優香、第1子を妊娠 来年春に出産予定 青木崇高がパパに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです