メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

消費税10% 生活どう変わる

ネット通販に増税追い風 ポイント還元「キャッシュレス」親和性

 政府によるキャッシュレス決済のポイント還元が1日始まり、対象となる中小企業が出店する電子商取引(EC)が活況だ。大手通販サイトなどでは計6万店以上が既に参加。サイト運営会社は対象となる店舗や商品を探しやすくしている。伸び続けるEC市場の勢いが加速できるか注目される。

 アマゾンや楽天市場、ヤフーショッピングといった大手通販サイトには契約した企業が出店しており、その中にはポイント還元の対象となる中小企業も多い。対象の店舗でクレジットカードなどのキャッシュレス決済で買い物をすると、最大5%分のポイント付与や実質値引きを受けられる。経済産業省によると、還元事業に登録したのは9月25日時点で約50万店に及ぶ。

 実際の還元方法はサイトや支払い方によって異なる。アマゾンは、5%分を商品の購入時にそのまま充当できる実質的な値引きで対応。楽天では、楽天カードを使えば楽天スーパーポイントを還元。その他のカードで決済すれば、カード発行会社がそれぞれポイントで還元する。ただしECサイトで購入しても、現金代引きは対象に含まれない。

この記事は有料記事です。

残り342文字(全文802文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会見後に予定入れたのは「打ち切り」のため? 原稿棒読みの場面も多く 菅首相

  2. 宅八郎さん死去 57歳 「おたく評論家」の肩書でテレビ番組出演

  3. 菅首相、初論戦は「逃げ」全集中 9月の約束「丁寧な説明」はどこへ

  4. 「へずまりゅうの弟子」名乗るユーチューバー逮捕 山口の墓地で卒塔婆振り回した疑い

  5. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです