メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

どこまで米国におもねるのか=資源・食糧問題研究所代表 柴田明夫

 なんとも不可解な話だ。先月末、安倍晋三首相とトランプ米大統領が最終合意した日米貿易協定のことだ。農業分野の焦点だった米国産牛肉の関税については、環太平洋パートナーシップ協定(TPP)並みの水準を維持したとはいえ、最終的に9%まで削減するなど米国の意向に沿った印象が強い。

 不可解なのは、もう一つの焦点とされた米国産米の輸入枠の扱いで、「年間7万トンの無関税枠」を設けずに済んだことが「成果」とされている点だ。しかし、そもそも日本はこれまでの輸入枠10万トンすら消化しきれていない。

 コメのミニマムアクセス(MA)が始まったのは1995年だ。MA米の輸入枠は、95年度の42・6万ト…

この記事は有料記事です。

残り445文字(全文736文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  2. 東名あおり運転控訴審 1審判決を破棄、地裁に差し戻し 「危険運転」は否定せず

  3. 東名あおり事故初公判 死亡夫婦の次女の供述「パパとママが死んでしまいました」

  4. 須磨海浜水族園、民営化で小中生入場料3倍超え 市民「高過ぎ」署名活動

  5. あおり運転 暴行容疑で男逮捕 ボンネットたたく 稲敷署 /茨城

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです