メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

関電の監査役会、取締役会に金品受領を報告せず 事前に把握

関西電力本店=大阪市北区で2019年9月27日、本社ヘリから大西達也撮影

 関西電力の幹部ら20人が福井県高浜町の元助役の森山栄治氏(故人)から金品を受け取っていた問題で、関電の監査役会が昨年秋ごろに社内調査報告を受けていたにもかかわらず、取締役会に報告していなかったことが明らかになった。経営を監視する立場の監査役会が機能しておらず、関電のガバナンス(企業統治)欠如が浮き彫りになった。

 関電は昨年9月、岩根茂樹社長ら20人が森山氏から3億円超の金品を受け取ったとする報告書をまとめた。関電によると、報告書は常任監査役を通じて監査役会に報告されたが、取締役会に上げられなかった。

この記事は有料記事です。

残り469文字(全文722文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホームセンター、居酒屋、理美容店など営業認める 東京都が休業要請先公表

  2. 特集ワイド コロナショック 正確な現状分析なき「宣言」 元厚労相・前都知事、舛添要一氏

  3. 新型コロナ感染者「ゼロ」は岩手、鳥取の2県 理由を探ってみた

  4. 学生に「バイト来るな」 大学に「住所教えろ」 クラスター発生の京産大へ差別相次ぐ

  5. 緊急事態 愛知、京都などの追加 菅長官「現時点で評価に至らず」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです