メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ベネチア映画祭の今、金獅子賞のアメコミ映画化作品、是枝監督「真実」など…映画記者が振り返る

映画「ジョーカー」の一場面=Credit - Nico Tavernise

 世界3大映画祭の一つである第76回ベネチア国際映画祭は先月、米国映画「ジョーカー」(10月4日公開、トッド・フィリップス監督)を最高賞の金獅子賞に選び閉幕した。アメリカンコミックス(アメコミ)の映画化作品が金獅子賞に輝くのは初めて。近年、米アカデミー賞の“前哨戦”にも位置づけられるベネチア映画祭。最近の傾向を交え、主な受賞作を中心に今回の映画祭を振り返る。【井上知大】

 今年はコンペティション部門に21本の作品が出品された。「ジョーカー」は、アメコミ「バットマン」の悪…

この記事は有料記事です。

残り2404文字(全文2640文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沢尻エリカ被告保釈される 勾留先の警視庁東京湾岸署から

  2. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  3. さっそく小泉氏もマイバッグ 環境、厚労の庁舎でレジ袋廃止

  4. 「小泉政権の政府見解と矛盾」との指摘にどう答えたか 誕生日だった菅氏一問一答

  5. スコアシートから読み解く羽生とチェンの差 フリーでは4回転ルッツ挑戦か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです