メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

エゾシカ猟が解禁 山野に銃声こだま

山林に潜むエゾシカを探すハンター=羅臼町で2019年10月1日午前5時26分、本間浩昭撮影

 エゾシカ猟が1日解禁され、山野に銃声がこだました。北海道・道東の羅臼町で夜明けと共に初猟に臨んだ半世紀近い狩猟歴の男性ハンター(70)は「駆除で追われているせいか、警戒心が強い」と語った。

 道庁のまとめでは、2018年度に捕獲されたエゾシカは、10・8万頭(速報値)。推定生息数は、全道(道南を除く…

この記事は有料記事です。

残り194文字(全文344文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

  2. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  3. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

  4. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  5. 松尾貴史のちょっと違和感 中村哲医師の悲報 安倍政権の冷ややかな反応

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです