メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

乗り心地はいかが?徳島で燃料電池バスの実証運行

県が路線バス区間で実証運行する燃料電池バス=徳島県提供

 水素エネルギーの活用に取り組む徳島県は5、8日、水素で走る燃料電池バスの実証運行を、徳島駅(徳島市)から鳴門公園(鳴門市)や徳島阿波おどり空港(松茂町)を結ぶ路線バスのルートで実施する。一般向け無料試乗会を兼ね、市民も乗り心地を体感できる。

 5日は徳島バス鳴門公園線(徳島駅―鳴門公園)の約30キロ、8日は同徳島空港線(徳島駅―徳島阿波おどり空港)の約15キロを、通常ダイヤの合間に各2往復する。申し込み不要で無料だが、途中の停留所は止まらず運行するため、途中下車できない。

 運行するのは、トヨタ自動車から無償で借りる大型バス「SORA」で、定員約80人(座席は25)。1回…

この記事は有料記事です。

残り365文字(全文653文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  2. 高校野球 出場32校決定、初出場は5校 3月19日開幕 第92回選抜高校野球

  3. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

  4. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  5. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです