メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ご当地マンホール蓋いかが? 秋田の2市が中古販売 竿燈やサケをデザイン

秋田県由利本荘市が販売する、ごてんまりがデザインされたマンホールの鉄蓋=同市水林の水林浄化センターで2019年10月4日午前10時24分、川口峻撮影

 秋田県由利本荘市と秋田市は今月、古くなったマンホールの鉄蓋(ぶた)を販売する。秋田市は初めてだった昨年、ガーデニングの材料などとして予定数を上回る申し込みがあり、今回も売れ行きが注目される。

 いずれも直径約60センチ、重さ約40キロで、販売価格は3000円。関係施設で直接受け取ることが購入の条件となっている。

 由利本荘市の対象は、絵柄が「ごてんまり」の農業集落用25枚と、サケが描かれた漁業集落用1枚。旧本荘…

この記事は有料記事です。

残り284文字(全文490文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. あんこう祭14万人 大洗・ガルパンイベントも盛況

  2. 伊藤「いい試合できた」今季4度目の決勝進出で初勝利 元世界1位倒す

  3. 待ち伏せの可能性 新潟女性殺害 執拗に深い刺し傷 強い殺意か 県警

  4. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  5. 風知草 観桜会の論じ方について=山田孝男

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです