メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シェルター運営者が語る「LGBTと貧困」 セクハラ、DVで路上生活に陥る人も

LGBTへの居住支援の大切さを訴える石坂わたる・中野区議=東京都新宿区の戸塚地域センターで2019年10月4日、牧野宏美撮影

 生活が困窮するLGBTなど性的少数者に居住支援を――。今年1月からLGBT向けのシェルターを運営し、自らもゲイと公表している東京都中野区議の石坂わたるさん(43)が講演し、性的少数者が貧困に陥った時に直面する問題を明かした。石坂さんは「LGBTが入れるシェルターはほとんどない。貧困の問題にも光を当て、支援体制を整えていくべきだ」と訴えた。【牧野宏美/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り1189文字(全文1379文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  2. 新型コロナ変異株、東京の40代男性が感染 10代未満女児の濃厚接触者

  3. イオン、就業時間中は全面禁煙に 従業員45万人対象 「卒煙」支援も

  4. ORICON NEWS ジャングルポケット・斉藤慎二、新型コロナ感染 相方おたけ&太田博久は陰性

  5. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです