関電、元助役顧問の会社に優先発注 特別扱いが常態化

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
関西電力から吉田開発への工事発注の流れ
関西電力から吉田開発への工事発注の流れ

 関西電力の幹部ら20人が、原発がある福井県高浜町の森山栄治元助役(故人)から金品を受領していた問題で、森山氏が顧問だった建設会社「吉田開発」(同町)に地元の工事を優先的に発注するよう関電社内で引き継がれていたことが明らかになった。関電が森山氏に工事概要などの情報を事前に提供していたことが判明しており、森山氏や吉田開発への特別扱いが常態化していた…

この記事は有料記事です。

残り727文字(全文901文字)

あわせて読みたい

ニュース特集