メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノーベル平和賞のムクウェゲ氏が広島の原爆資料館を初訪問 被爆者と面談

笠岡貞江さん(右)と握手するデニ・ムクウェゲ氏=広島市中区の原爆資料館で2019年10月5日午後2時44分、大西達也撮影

 コンゴ民主共和国で性暴力被害者の救済に取り組み、2018年のノーベル平和賞を受けたデニ・ムクウェゲ医師(64)が5日、広島市中区の原爆資料館を初めて訪問した。被爆者の笠岡貞江さん(87)と面談、被爆証言を聞き、「なぜ人類は核兵器を持ち続けているのか、自問しなければならない」と述べた。

 ムクウェゲ氏は1999年、長年の紛争で性暴力が横行したコンゴ東部のブカブにパンジ病院を設立。これまでに未成年を含む約5万5000人の女性を治療したほか、精神的なケアも施している。2016年の初来日後に被爆地への訪…

この記事は有料記事です。

残り377文字(全文627文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟駅前ビルで刺された20代女性死亡 3人組の男が待ち伏せの情報も

  2. 前夜祭「会費5000円」で安倍首相反論 官邸幹部も「唐揚げ増やすなどやり方ある」

  3. 阪神間拠点の半グレ10人、車で知人はねバールで?刺す 殺人未遂容疑などで逮捕

  4. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で14歳少年を逮捕 「殺すつもりだった」供述

  5. 新潟駅前ビルで20代女性刺され死亡 男逃走

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです