メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

競歩・山西が金 20キロで日本初 50キロ鈴木とダブル制覇 世界陸上

 陸上の世界選手権は第8日の4日、ドーハで男子20キロ競歩が行われ、世界ランキング1位の山西利和(23)=愛知製鋼=が1時間26分34秒で金メダルに輝いた。この種目の日本選手のメダル獲得は五輪、世界選手権を通じて史上初。今大会のメダル獲得は男子50キロ競歩の鈴木雄介(富士通)の金メダルに続いて2個目。山西は日本陸上競技連盟が定める3位以内で日本勢最上位の基準を満たし、来年の東京五輪代表に決まった。

 初出場の池田向希(東洋大)は1時間29分2秒で6位入賞を果たし、3大会連続出場の高橋英輝(富士通)は1時間30分4秒で10位だった。

この記事は有料記事です。

残り501文字(全文768文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 視聴室 美女と焼肉

  2. 1年に1度しか見ちゃダメ? 幸運もたらす謎の毛玉「ケサランパサラン」

  3. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

  4. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  5. 「GoToトラベル」開始後に旅行関連の感染者増加 京大・西浦教授分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです