メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界陸上2019

「京大」よりも「実力で…」 強い意志貫き山西が金メダル 20キロ競歩 世界陸上

 陸上の世界選手権は第8日の4日、ドーハで男子20キロ競歩が行われ、世界ランキング1位の山西利和(23)=愛知製鋼=が1時間26分34秒で金メダルに輝いた。この種目の日本選手のメダル獲得は五輪、世界選手権を通じて史上初。

 フィニッシュしても、山西には笑顔がほとんどなかった。

 「勝ったけど、偶然、相手が来なかっただけ」。7キロ過ぎから先頭に出て一人旅を続けた。追いつかれても残り3キロでペースアップするプランだったが、2位以下の選手の追い上げはなく、自身も疲労でペースを上げられなかった。金メダルを取ってもなお、勝ち方にこだわる。強い意志こそ山西の持ち味だ。

 これまでも、自分の意志を貫いてきた。出身の堀川高は京都屈指の進学校。3年時に世界ユース選手権1万メ…

この記事は有料記事です。

残り437文字(全文766文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 破産手続き開始の大沼が記者会見「お客様、関係者におわび」 全店舗で営業停止

  2. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  3. 「真相はどうなっているんだ」 新型肺炎拡大の中国・武漢 ネットで院内感染情報飛び交う

  4. 新型肺炎 武漢へのチャーター機派遣延期

  5. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです