メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界陸上2019

原点は2003年の惨敗 科学的分析も駆使し2冠達成の日本競歩が歩んだ強化の道

男子20キロ競歩、1位でフィニッシュする山西利和=カタール・ドーハで2019年10月5日、久保玲撮影

 陸上の世界選手権は第8日の4日、ドーハで男子20キロ競歩が行われ、世界ランキング1位の山西利和(23)=愛知製鋼=が1時間26分34秒で金メダルに輝いた。今大会のメダル獲得は男子50キロ競歩の鈴木雄介(富士通)の金メダルに続いて2個目。

 日本競歩の2冠達成に、強化責任者の今村文男・日本陸連五輪強化コーチは「想定以上のうれしい結果」と笑いが止まらない。

 世界のトップに立つ、その原点は2003年パリ大会の惨敗だ。出場5選手のうち、当時現役の今村氏を含む…

この記事は有料記事です。

残り708文字(全文935文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  2. 「桜を見る会、20年開催中止」安倍首相が説明の意思 衆参予算委で

  3. 「桜を見る会、気にくわない」安倍首相写るポスター損壊容疑 80歳男逮捕 兵庫

  4. 月夜に浮かぶ「青い池」 幻想的な光景に感嘆 北海道・美瑛

  5. 実は飲食物が予算案の3.5倍だった「桜を見る会」の「国会軽視」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです