メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本 サモアを破り3連勝 初の8強進出に前進 ラグビーW杯

【日本-サモア】試合終了間際にトライを決める松島(中央)=愛知・豊田スタジアムで2019年10月5日、喜屋武真之介撮影

○日本38―19サモア●=5日・豊田スタジアム(ラグビーW杯、1次リーグA組)

 初の8強進出へまた一歩前進した。5日に行われたラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会で、1次リーグA組の日本(世界ランキング8位)は、サモア(同15位)を38―19で退け、3連勝した。4トライでボーナス点を獲得し、勝ち点を14に伸ばし、A組の単独首位に立った。前回大会に並ぶ1大会3勝で、A組の3位以上が確定。次回の2023年フランス大会に出場するシード権を獲得した。WTB松島幸太朗(サントリー)は1トライを決め、W杯通算5トライとなり、日本選手の大会最多記録を更新した。サモアは1勝2敗で1次リーグ敗退が決まった。日本は13日のスコットランド(同9位)との1次リーグ最終戦(午後7時45分開始、横浜・日産スタジアム)に臨む。サモアとの対戦成績は5勝11敗。

 C組のイングランド(同3位)は39―10でアルゼンチン(同10位)を降した。3連勝で2大会ぶりの1次リーグ突破が決定。今大会の8強一番乗りとなった。D組では前回準優勝のオーストラリア(同6位)が45―10でウルグアイ(同18位)に圧勝し、勝ち点11で首位に立った。ジョージアとウルグアイの1次リーグ敗退が決まった。(世界ランキングは4日現在)

 日本・ジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチの話 本当に誇りに思う。強く戦ってくれた。プレッシャーはあったが、(サモア戦までに)いろんな戦術を話し合い、準備をしっかりした。次もタフな試合になる。

 日本・リーチ主将 勝つことができて良かった。(4トライでボーナス点を獲得し)やれることをしっかりとできた。みんなボーナスポイントへの意識が高かった。すごくうれしい。サモアのプレッシャーがあった中で冷静に戦えた。プレッシャーに耐え、プレッシャーをかけられた。日本代表のすごさを見せられた。(スコットランド戦に向けて)やっちゃいます!

 日本・姫野 (ボーナス点1を含む勝ち点5を獲得し)大きな1ポイントで、ほっとしている。声援が選手の背中を後押ししてくれた。

 日本・松島 空いているスペースがあればトライを取れる自信があった。(4トライ目を奪った場面について)ラストチャンスを仕留め切れて良かった。しっかり守れたことが勝因。フィジカルで自分たちが対抗できた。(福岡の存在について)しっかりといいところで仕事をしてくれて信頼している。いい刺激をもらえて、トライを取りたいという刺激が強くなっている。次(スコットランド)は1点差でも勝てばいい。

 日本・田村 4トライ目を取れた時が一番うれしかった。終わり方も良かった。キックが多かったのはプラン通り。サモアはコンタクトが強く、もっと早くバテると思っていたが、素晴らしいチームだった。この3試合で一番強かった。スコットランド戦は僕らの決勝戦になる。準備が一番大事になる。

 日本・ラファエレ (ボーナス点を獲得し)大きいね。ボーナス点、良かった。(出身のサモアが相手の一戦で)家族にとっても特別な試合だった。(家族はどちらを応援したかと聞かれ)もちろん日本です(笑い)。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです