メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニュースの窓

メディア NHK 放送の自主自律どこへ

NHK放送センター=東京都渋谷区で

[PR]

山田やまだ道子みちこ もとサンデー毎日編集長まいにちへんしゅうちょう

 郵便局ゆうびんきょく経営けいえいなどをしている日本郵政にっぽんゆうせいグループのかんぽ生命保険せいめいほけんという会社かいしゃが、きゃく不利益ふりえきになっているかもしれない契約けいやくが5ねんかんやく18まん3000けんもあることがかり、7がつ以降いこうおおきくほうじられています。

     そのようなかんぽ生命保険せいめいほけん不正ふせい販売はんばい問題もんだい追及ついきゅうした番組ばんぐみをNHKがさくねんがついちはや放送ほうそうしたところ、日本郵政にっぽんゆうせいグループが「犯罪はんざいてき営業えいぎょう組織そしきぐるみでやっている印象いんしょうあたえる」などとNHKに抗議こうぎ。NHKは、続編ぞくへん放送ほうそう延期えんきしたり、インターネットの番組ばんぐみ動画どうが削除さくじょしたりしました。さらに、NHKの最高さいこう意思決定いしけってい機関きかんである経営委員会けいえいいいんかいさくねん10がつ、NHKの上田良一うえだりょういち会長かいちょう厳重げんじゅう注意ちゅういしていたことが、毎日新聞まいにちしんぶんのスクープで発覚はっかくしました。

     なに問題もんだいなのでしょうか。放送法ほうそうほうは、経営委員けいえいいいん個別こべつ番組ばんぐみ編集へんしゅう介入かいにゅうすることをきんじていますが、会長かいちょうへの厳重注意げんじゅうちゅうい個別こべつ番組ばんぐみへの介入かいにゅうられかねない行為こういです。また、「NHKは結局けっきょく公共放送こうきょうほうそう根幹こんかん位置いちづける『自主じしゅ自律じりつ』『番組ばんぐみ編集へんしゅう自由じゆう』をそこねることになった」という関係者かんけいしゃ言葉ことばを9がつ26にち毎日新聞まいにちしんぶん朝刊ちょうかんつたえています。「自主じしゅ自律じりつ」とは、ほかからの干渉かんしょうけず、自分じぶんかんがえ、自分じぶん判断はんだんしたがって行動こうどうすること。NHKは安倍政権あべせいけんりの報道姿勢ほうどうしせい問題もんだいされていますが、今回こんかいあらためて「自主じしゅ自律じりつ」をわれた格好かっこうです。

     抗議こうぎをしたがわ日本郵政にっぽんゆうせい長門正貢ながとまさつぐ社長しゃちょうは9がつ30にち記者会見きしゃかいけん番組内容ばんぐみないよう事実じじつだったとみとめ、実態調査じったいちょうさをせずに抗議こうぎしたことを陳謝ちんしゃしました。テレビ番組ばんぐみ新聞記事しんぶんきじたいする抗議こうぎめずらしくはありません。でも、「不適切ふてきせつ販売はんばいをしている」とほうじられたら、まず調しらべるのが普通ふつうです。にもかかわらず、調査ちょうさもせず、「印象いんしょう」で報道機関ほうどうきかん圧力あつりょくをかけるとはいたくちがふさがりません。「このとき調査ちょうさしていれば被害ひがい拡大かくだいふせげたかも」というこえもあります。おきゃく無視むし姿勢しせいきわまれりです。


     毎日新聞社まいにちしんぶんしゃ政治部せいじぶ夕刊ゆうかん編集部へんしゅうぶ政治せいじなが取材しゅざい週刊誌しゅうかんし「サンデー毎日まいにち編集長へんしゅうちょうとして新聞しんぶんそとから経験けいけんをして、メディアに関心かんしんつようになった。1961ねんまれ。今年ことしがつ退社たいしゃ

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 即位礼正殿の儀 安倍晋三首相の寿詞全文

    2. 「お母さん、大丈夫?」呼び掛けに返事なく 次女、階下の100歳救えず 福島・いわき

    3. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

    4. 40代後半「就職氷河期」支援なぜダメなの? 非正規、若年層より多いのに

    5. 皇室 天皇陛下「象徴としてのつとめを果たす」 2000人参列し「即位礼正殿の儀」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです