メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

むつ出身の映画監督・川島雄三の業績、後世に 記念誌刊行へ 地元の「偲ぶ会」、生誕100年契機に /青森

むつ市出身の川島雄三監督の生誕100年の記念誌づくりを進める「映画監督・川島雄三を偲ぶ会」の高瀬厚太郎会長=青森県むつ市で

 むつ市出身の映画監督・川島雄三(1918~63年)が昨年、生誕100年を迎えた。川島監督の業績を後世に伝える取り組みを続ける同市の「映画監督・川島雄三を偲(しの)ぶ会」(高瀬厚太郎会長)は生誕100年を契機に記念誌づくりを進めている。記念誌は川島監督の親族へのインタビューや映画監督らゆかりのある人からの寄稿などで構成する予定。監督の命日が6月11日であることから、来年6月までの完成をめざしている。【遠山和彦】

 川島監督は、田名部町(現むつ市)に生まれ、明治大学を卒業。松竹に入社し映画監督になり、松竹のほか、…

この記事は有料記事です。

残り434文字(全文691文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

  2. 教諭が女子中学生にわいせつ 陸上部の合宿中、発覚後に行方不明 兵庫

  3. 女子高校生、フェリーから飛び降り死亡 家族から不明届、警察官が保護し同行中

  4. わずか20分の間に…両親が当日の経緯を公表 山梨女児不明

  5. 紅葉と国宝、くっきりと ライトアップ、もうすぐ見ごろ 大津・石山寺 /滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです