メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

茨城国体 成年女子ボルダリング決勝 野口・小林ペア銀、愛知に惜敗 地元2人に大声援 /茨城

成年女子ボルダリング決勝で最大傾斜157度の壁をよじ登る野口啓代選手(右)と小林由佳選手=鉾田市当間の鉾田総合公園特設競技場で

 茨城国体のスポーツクライミング競技のうち、2人1組で競う成年女子ボルダリング決勝が5日、鉾田市当間の鉾田総合公園特設競技場であった。東海村出身の小林由佳選手(31)と、東京五輪代表に決まった龍ケ崎市出身の野口啓代選手(30)が県代表として出場。地元の大声援を受けたが愛知県に惜敗、銀メダルを獲得した。

 決勝の舞台は高さ約5メートル、最大傾斜157度の人工壁。四つのコースがあり、「ホールド」と呼ばれる…

この記事は有料記事です。

残り196文字(全文397文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 本当に住みやすい街大賞で埼玉・川口が1位 都心アクセス良く、商業施設も充実

  2. 「注文から提供まで30秒以内」達成困難な目標で不当解雇 元社員がマクドナルド提訴

  3. ジャパンライフ元店長「桜を見る会案内状、顧客獲得につながった」野党ヒアリング詳報

  4. 漁船内に覚醒剤600キロ 昨年押収量の半分に匹敵 所持容疑で11人逮捕 熊本・天草

  5. 石川、五輪代表へ 平野にポイント差で 卓球グランドファイナル

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです