メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと・ちば

ミス・カッパドキアGP 冨田七々海さん(29) /千葉

冨田七々海さん

 「妖精の煙突」と呼ばれる奇岩が林立するトルコ屈指の世界遺産「カッパドキア」。観光大使としてこれを世界にPRする「ミス・カッパドキア」を選ぶ世界大会で初代グランプリに輝いた。大役への意気込みを示す一方で、同国に360万人いるとされるシリア難民の支援活動に意欲を見せる。

 7月に同国で行われた世界大会。集まったのは30カ国からそれぞれ選ばれた「すべてにおいて完璧な女性たち」。「見た目では絶対勝てない」と感じていたが、10日間に及ぶ選考期間を乗り切るために必要なのは体力と精神力だった。

 近くマレーシアで今後の業務について話し合うミーティングに参加した後、いよいよトルコに渡り、PR映像の撮影に入る予定だ。

この記事は有料記事です。

残り518文字(全文820文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」3日で興収46億円 観客340万人超、ともに最高

  2. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  3. Fact・Check 誤り 防衛大出身者は大学院入学を拒否される 大学院進学例、複数確認 BSフジは訂正

  4. 菅氏よもやの言い間違い次々…「説明能力」に疑問も 官房長官会見

  5. 熱血!与良政談 もう一つの負の遺産=与良正男

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです