メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

田端文士村記念館企画展 芥川直筆2点を初公開 死の同年、生々しさ伝える谷崎との論争 /東京

芥川龍之介

 作家の芥川龍之介(1892~1927年)が、小説のあり方を巡り、作家の谷崎潤一郎と論争した際などに書いた直筆原稿2点が、田端文士村記念館(北区田端6)で1日から初めて公開されている。企画展「芥川龍之介の生と死~ぼんやりした、余りにぼんやりした不安~」の一環で入館無料。来年1月26日まで。【日野行介】

 1点は「続文芸的な、余りに文芸的な」で、1927年に芥川が谷崎の芸術性を疑問視し、雑誌上で谷崎と論…

この記事は有料記事です。

残り603文字(全文804文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 俳優の梅宮辰夫さん死去 81歳 「仁義なき戦い」

  2. 「桜を見る会」で首相擁護 お膝元の下関市長に全国から批判続々

  3. 75歳以上の医療費負担 2割に引き上げ 政府検討

  4. 疑問氷解 人間に育てられた犬や猫は、動物の言葉はわからないのですか?

  5. 名古屋市営地下鉄に初の駅ナカ 伏見駅「ヨリマチFUSHIMI」オープン

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです