メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国の天然記念物アマミトゲネズミ、ノネコが捕食か 「親子5匹 危機感抱く」 奄美 /鹿児島

 鹿児島県奄美大島に生息する国の天然記念物アマミトゲネズミが、島内の山中でノネコに捕食されたとみられる現場を、同県の自然保護推進員、山室一樹さん(58)が写真に収めた。奄美大島では野生化したノネコに希少種が襲われるケースが相次ぎ、環境省などが対策を進めている。山室さんは「親子とみられる5匹に捕食された可能性が高い。ショックだった」と話している。

 山室さんによると、9月26日午前10時ごろ、奄美群島国立公園特別保護区の隣接地となる鹿児島県宇検村湯湾岳の林道脇を巡視していた際に撮影した。近付くとネコは逃げ、子ネコ1匹が、すでに針状の毛と皮だけになっていたアマミトゲネズミを足で押さえて食べていた。同日午後2時半ごろにも同じ場所で親ネコ1匹と子ネコ4匹が残った死骸を食べていたとみられる場面に遭遇したという。

この記事は有料記事です。

残り185文字(全文539文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 工事現場の足場から金属製パイプ落下 通行人2人が重軽傷 神戸

  2. メルケルの歩み サウナバッグを手に「壁」越えた日 物静かな優等生35歳の転身

  3. 立憲 最高顧問に菅直人、野田佳彦両元首相 小沢一郎氏らは固辞

  4. 立憲、2人の重鎮に注目 小沢氏「思い切った政策を」 中村氏「野党連携に注力」

  5. 「揚げ足取りばかり」「対案示さない」 野党に厳しい意見 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです