メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

けいざい・因数分解

572兆7193億円 日銀の総資産 緩和長期化で世界最大

 日銀の総資産が8月31日時点で572兆7193億円と世界の中央銀行で最大となった。ドル換算(1ドル=108円)すると5兆3030億ドルで、欧州中央銀行(ECB)の5兆1521億ドル(8月30日時点、1ユーロ=1・10ドル換算)を超え、米連邦準備制度理事会(FRB)の3兆7599億ドル(8月28日時点)も大きく上回る。経済失速への懸念で各国の中央銀行は緩和路線にかじを切っており、日銀の総資産も拡大を続けそうだ。

 中銀の資産は市場から買い入れた国債や上場投資信託(ETF)などのリスク資産、民間銀行への貸出金などで構成。中銀は、市場から国債などを買い入れることでお金の供給量(マネタリーベース)を増やし、景気を下支えする。そのため、お金の供給量を増やせば増やすほど、総資産も増える。

この記事は有料記事です。

残り1541文字(全文1883文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

  2. 藤田医科大岡崎医療センター クルーズ船陽性受け入れ 開院前で感染不安なく

  3. 「参加費返して」「やっと当たったのに…」 東京マラソン 一般参加者とりやめ、返金せず

  4. 東京マラソン 一般の参加料は返金せず 国内ランナー1万6200円 来年の出走権付与

  5. 「桜」前夜祭でANAホテルは明細書を発行したのか 首相答弁の「矛盾点」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです