メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もとをたどれば

三省堂 「論語」由来、最良の本追求

9月5日に発売された「大辞林」第4版=三省堂提供

 国語辞典「大辞林」などで知られる出版業界の老舗、三省堂は1881(明治14)年に東京・神田神保町で古書店として創業した。社名は中国の古典「論語」の「学而篇(がくじへん)」の一節「吾日三省吾身」(われ日にわが身を三省す)が由来。三省は何度も自分の行為を反省する意味だ。創業者の亀井忠一か、その叔父が考案したとされる。

 良書を売り出せば、天下国家の利益になり、社運の隆盛は無限――。創業家はそう考えて徳川将軍家の旗本か…

この記事は有料記事です。

残り401文字(全文609文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北京で日本人拘束、官房長官認める

  2. ひこにゃんも天皇陛下の即位祝う 日の丸を手に登場

  3. 即位礼正殿の儀 安倍晋三首相の寿詞全文

  4. 皇室 天皇陛下「象徴としてのつとめを果たす」 2000人参列し「即位礼正殿の儀」

  5. 3分でわかる政治の基礎知識 即位の礼で使われる 高御座とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです