メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・この3冊

第二次世界大戦開戦80年 大木毅・選

 <1>ナチスの戦争1918-1949 (リチャード・ベッセル著、大山晶訳/中公新書/1056円)

 <2>二つの世界大戦(木村靖二著/山川出版社/802円)

 <3>大いなる聖戦 第二次世界大戦全史 上・下(H・P・ウィルモット著、等松春夫訳/国書刊行会/各5060円)

 一九三九年九月一日、ナチス・ドイツはポーランドに侵攻した。二日後の九月三日、ポーランドと相互援助条約を結んでいたイギリスとフランスがドイツに宣戦布告する。第二次世界大戦が勃発したのである。この欧州の大戦は、やがてアジアの戦争と結びつき、のちに超大国となる米ソを巻き込んで、人類史上空前、そして、今のところは絶後のグローバルな惨禍をもたらした。そのアジア・太平洋正面での経緯は、当然のことながら、日本ではよく知られている。しかし、ヨーロッパの展開となると、スターリングラード攻防戦やノルマンディ上陸作戦といった挿話はともかく、全体像は意外に知られていないのではないだろうか。

 <1>は、ヨーロッパの第二次世界大戦の動因となったヒトラーとナチスの本質から説き起こし、彼らのイデ…

この記事は有料記事です。

残り616文字(全文1087文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

  2. 優香さんが妊娠を発表 夫は青木崇高さん

  3. ORICON NEWS 川栄李奈が第1子出産を報告「毎日に幸せを感じております」 廣瀬智紀パパに!

  4. ORICON NEWS 優香、第1子を妊娠 来年春に出産予定 青木崇高がパパに

  5. 香港理工大、事実上制圧状態に 拘束5000人 米民主化支援法案歓迎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです